'04.11から田中英数国教室のブログを見ていただいてありがとうございました。08.9.12からは田中英語塾のブログです。                                            
by school-t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
田中英語塾ホーム
生徒たち(英語)
小学生(英語)
中学生(英語)
高校生(英語)
大人のための英会話
English for Everyday
ブログで「英語」♪
ひとこと英語
ニュースより
ドラマの英語
おもしろい表現
ちょっと文法
準動詞ー不定詞
準動詞ー動名詞
準動詞ー動名詞と不定詞
準動詞ー分詞
話法
仮定法
疑問文
疑問詞
関係詞
代名詞
助動詞
接続詞
前置詞
形容詞:比較級
文型
基本動詞のこと
時制の一致
完了形
受動態
不定詞
否定のいろいろ
読み物
面白ニュース
発音のこと
英語マメ知識
英語講師の日記
数国講師の日記
生徒たち(数国)
ブログで「数学」♪
ブログで「国語」♪
My Garden
My Neighbourhood
ちょっと そこまで
Coco(トイプードル)
甲州弁
PC一歩一歩
The comments.
animation
へ~!そうなんだぁ・・・
box 1.
box 2.
box 3.
Z
Y
A
B
link
小部屋
おしらせ
ご挨拶
未分類
b0068616_11463816.jpg


Hi !

講師のブログ
「本館」にようこそ♪



教室
「田中教室HP」
お問い合わせ
教室情報


「別館ー1」

"基礎から英語"

文法の質問はこちら


「別館ー2」

"in a pillar of cloud"

08.2.17以降、
わたくしごとカテゴリーは「別館2」で更新しています。


b0068616_11465294.jpg


関連リンク
LESJ行政書士事務所
f0229711_13304899.jpg
new英語サイト


lohas_kのTOEIC講座
英語の勉強も土づくりが肝心。
肥料は道草と雑学~


LESJ
ビジネス英語サービス
行政書士事務所のブログ



*****************

英語おすすめリンク


★5min.com:Gardening

dictionary

Weblio英和・和英辞典
Merriam-Webster
MSN 
US English

Answers.com

略語・略記はここ↓
abbreviations.com
writingはここ↓
About.com


リスニングのために
ーことばは耳から!ー

BBC NEWS

Chicago Tribune
abc NEWS
NHK
CNN
外国語は
毎日少しでも聞いていると
聞き取れるようになってきます



使える英語はこちら(音声付)

無料英語学習サイト 英語伝

使える英語スキルアップ

*****************

素材提供
 ーweb素材ー
0円の
WEB素材やさん



PCのお勉強
IT用語辞典
eWords



おたのしみリンク

☆終の棲家のひとりごと♪☆

☆こばやし ゆうさん☆

☆音と映像の
コラボレーション☆
Sound Gallery

by Joe Okuda




*****************
リンクについて


楽しいブログがいっぱいで
長い帯のようになってきたので
一部を残して
非表示にさせていただくことにしました。
RSSを使って
訪問させていただきますので
これからもよろしくお願いします。

エキサイト以外のブログは
記事の中でリンクをはらせて頂いています。
主にお気に入りを使って訪問させていただきます。
こちらもよろしくお願いします。

*****************


朝が好き

光と風の街から

毎日が楽しい

BBT


炎のごとし


★ホムページ制作↓
レトリバーデザイン有限会社
レトリバーな日々


翻訳



*****************

★教室リンク↓
学習塾.COM


<< 2 Corinthians 6:10 >>

sorrowful, yet always rejoicing;
poor, yet making many rich;
having nothing,
and yet possessing everything.

以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
最新のトラックバック
Could it hap..
from 田中英語塾講師の日記
cannot +完了形 ..
from 田中英語塾講師の日記
急げ!レアジョブの夏のス..
from レアジョブって効果あるの?
タグ
(734)
(621)
(593)
(396)
(228)
(136)
(125)
(116)
(74)
(64)
(58)
(52)
(45)
(43)
(43)
(41)
(40)
(38)
(38)
(37)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:生徒たち(英語)( 8 )
子供の成長を見守る楽しさ♪
前から思っていたのですが
小さいころから英語を始めた生徒たちが
少しづつ成長して大人になっていく様子には
目を見張るものがあります。
まさに脱皮!


今高校2年生のA君。
始めて塾にやってきた時は
色白でほっぺがバラ色で、ほんの小さな小学生。
それが今では教室の入り口に頭をぶつけるほどの背丈に成長し
がっしりとした体格は、さすが空手のエース。
アジア大会で優勝もするほどの猛者になりました。
分からないものですね~
英語も頑張っています。
推薦を狙わず文武両道で、勉強して受験するのだそうです。


中学一年生になったSちゃん。
小学校2年生から始めたので今はもう英語は高校一年生レベル。
幼かった時はおませでいろいろ博学ぶりを披露してくれていたのですが
今ではその頃のことはすっかり忘れているようです。
ぐんぐん背が伸びて、表情も女らしく、物腰も柔らかく
社会性も身につけて、友達とも楽しくやっているようで安心しました。
勉強ができるだけでは心配ですからね。


教室で出会ういろいろな子供たち。
まるで花畑を見るようです。
それぞれの個性がとても面白くて
英語を教えながら
その成長を見守るのは、ほんとに楽しみなことで
感謝しています。


b0068616_12594526.jpg

by school-t | 2016-08-30 13:02 | 生徒たち(英語)
幸せを祈ってます
N 高3 女子


眼を見てご挨拶
のNちゃんが、ついに先日塾を卒業しました。

Nちゃんは耳が不自由です。
でも普通高校で頑張ってきました。
大学も一貫校の入試なら苦労しなくても入れるのに
国立のT大学を受験します。

Nちゃんは人一倍明るい美しいお嬢さんです。
Nちゃんにしかできないことを見つけて充実した人生を送って欲しいと願っています。


お別れに、Nちゃんは万感込めて眼でご挨拶をしてくれました。

Nちゃん、ありがとう。
お幸せに~


Nちゃんの勉強の様子はここ→関係代名詞
by school-t | 2009-12-27 08:52 | 生徒たち(英語)
その後のK君、R君
小学生 coming out!(画像:小学生時代のKとR)  にTB



K 中3 男子

ついにK君は中3になりました。
小学生の時は「写真撮ってもいい?」と気軽に言えましたが
頭がドアの枠にぶつかりそうな長身の少年にはちょっと言いにくいです。
ほれぼれするような立派な中3になりました。

明日は休み明けのテストです。
いつもは2級の勉強をしているのですが(既に準2級合格)
今日は中学生らしく1学期の総仕上げ問題をやりました。





R 小6 男子

元気溌剌で良い耳を持っているR君は、ほんとうは勉強はあまり好きではなく
4年生5年生の頃は30分ごとに、2分間、外を走ってくるという気晴らしが必要でした。
6年生になった今、1時間は集中できるようになり
ついに1時間半がんばれるようになりました。
苦手だった読み書きにも一生懸命取り組んでいます。
by school-t | 2009-08-24 21:55 | 生徒たち(英語)
泪・蚊
TI 中1 女子 

Tちゃんは中1ですが
英検の3級を目指して
中3の文法の勉強を始めました。
英文を作るのが楽しいというのですから、
ほんとに英語が好きなんですね。

今日も一生懸命文法に取り組みました。
知らないことが多くて辛そうでしたが。



授業が終わって・・・・・・

TI :英語を聴いていろいろ考えるのが好きです。

   この間テレビで見たんですけど日本語は外国の人にとってとっても難しいんですってね。
   たとえば、サンズイに目と書いて「泪」だなんて、かなり日本語を勉強した人でもこれって
   なんて読むんだろうって思いますよね。
   
   虫に文とかいて「蚊」とか。。。。。

T :そういえばどうして「蚊」は虫に文なのかしらね。

TI :ブーンて啼くからですって。

T :へ~~~!そうなの!知らなかった~



ほんとに、Tちゃんには感心させられることばかり^^
by school-t | 2009-08-06 21:58 | 生徒たち(英語)
冬休みが終わっちゃった。
学校はまだ始まりませんが
英語塾の冬休みは終わり。




久し振りにやってきた小学生は放心状態。

CDを聴いてリピートしたり
Q&Aをしたりするうちに、少し勘が戻ってきました。

最期に簡単なペーパーテスト。
「みんな忘れちゃったかなあ~??」と、首をふりふり頑張りました。

確かに忘れていることもありましたが大丈夫。
「忘れて、思い出して、また忘れて思い出して、
ってしながら身についていくんだから、
忘れてもいいんだからね。」





中1は15日前後にそれぞれの学校でテストがあります。

「冬休みのワークから出るから、楽勝♪」
「ダメダメ。 ちゃんといろいろなことをよく理解していないと出来ないんだよ。
実力をつけて、そのほんの一部の力でやるんでなきゃ。」

プリントでテスト範囲を復習してみると・・・・・・
あらあら、ミスがいっぱい。
チェックして、見直しをしてもう一度同じ問題で完全解答を目指しましょうか。





中2は「整理と対策」から問題が出ます。

「形容詞と副詞がよく分かりません。」
「未来形はどう?willとbe going to だいじょうぶ?」
「あ、それもやります。」

形容詞は little と few 、many と much などの
可算名詞と不可算名詞で躓いていることが分かりました。
副詞は usually, sometimes, always などの問題は良くできるのに
普通の副詞が変なところにはいっています。

「carefully なんかは文の最後でいいのよ。」
「副詞は be動詞の後、一般動詞の前ではないんですか?」
「ああ、それ。 それは回数を表す副詞、頻度を表す副詞とも言うんだけど、
そういう特殊な副詞の時だけね。」
「あぁ、そうか~」
これで躓きは解消しました^^

未来形。
案の定will → be going to への書き換えが出来ません。
特に be going to の疑問文を will の疑問文に書き換えるとき
頭が真っ白になるみたいです。
ずっと以前は何は出来なくても be going to だけは出来る、
という中学生が多かったのですが
いまは何故か多くの生徒が難しいと感じているようです。
will より先に be going to をやるようになってからのような気がしますが・・・
確かではありません。

ちなみに be going to と will の微妙な意味の違いについては
高校になってから文法で取り上げています。
中学でそこまでやるのは無理ですので。





高2のK君。

冬休み前は
「全然分かりません~」
とはじから質問していたのに、冬休み中に心境の変化があったのか
自分で出来るだけ頑張って問題を解いていました。
いくつかの質問をして納得。
最後に答え合わせをしましたが、よく出来ていました。





さあ、明日以降、中3、高3の授業も控えています。
気を引き締めていきます。
ひとりひとりにとって(こどもなりに)人生 '最大の' 試練が待っているわけですから。
応援しなくちゃ。
by school-t | 2009-01-08 09:27 | 生徒たち(英語)
きょうだい三人一緒に勉強
わたしの塾は小さなグループで勉強しています。
特に英語は個人コースか2~3人のグループで
ひとりひとりに対応しています。

たいていは
生徒の友達
その友達のきょうだい
そのきょうだいの友達
その友達の友達やきょうだい・・・

というかたちで生徒がつながって入ってきます。

少し遠くから来る子は車で送り迎えなので
きょうだい一緒に勉強することもあります。

いままで 「きょうだい二人」 というのはよくありましたが
今年4月から 「きょうだい三人一緒」 というクラスが出来ました。

お姉ちゃんー高3
小さいお姉ちゃんー中3
弟ー中1


どうなることかと思いましたが
勉強はそれぞれが主体的に取り組んでいるのでうまくいってます。

なによりも仲の良いきょうだい3人を見ているとほっこりします。
by school-t | 2008-06-30 21:25 | 生徒たち(英語)
びっくり!
K 中2 男子

b0068616_11374775.jpg


K君がはじめてブログに登場したのはー2005-07-21 21:43ーでした。→ここ

「K君は4年生になる前の、お正月が過ぎた頃から英語を始めました。・・・・」
の書き出しから考えると小学校3年生の終わりから英語の勉強を始めたことになります。

まだ、幼くてほんの子供でした。
いつまでも子供だと思っていたら、
中学に入学した頃から急に背が伸び始め


(入学した頃↓)
聞く・話す・読む・書くを同時に


中学2年生になった今では、私より、お母さんより背が高くなりました。

「毎週背が伸びてない? 今どのくらいあるの?」
「171センチです。」
「ひぇ~ そんなに~~~?」


ほんとに男の子は伸び盛りに大変身するんですよね。


ちなみにK君はこの間の英語のテストで学年で一番をとりました。
(自慢してすみません(^^;)


by school-t | 2008-04-21 11:40 | 生徒たち(英語)
合格そしてお別れ
「先生!受かったヨー。」
数学の教室のドアを勢いよく開けて、体の大きな男の子達がYに報告しています。
「あ、そう。よかったね。」明るく、いつものように淡々と答える Y。

生徒達は入り口で嬉しそうに、そして名残惜しそうにお喋りしています。
「分かったから~。もう帰りなさい。 他の人たちが勉強してるでしょう~!」

まだまだ喋りたりないようでしたが、
「じゃね。先生。またね~」と後ろ髪をひかれるようにしながら
大きな男の子達は、小さな Y先生にさよならしました。
b0068616_228288.jpg



英語教室では、この間併願で私立高校を受けた中3の女子が
本命の公立高校の入試に向けて勉強しています。
「この間のテストどうだった?」
「あ、受かりました。」
「良かったね。何倍だったの?」
「10倍です。」
「10人のうち9人落ちたのね。」
「でも、たいていの人が併願ですから・・・」
と、こちらの女子はまことに落ち着いています。
女子だからなのか。
先生が私 T だからなのか???

「もう、入試の勉強はいいから、高校に入ってからの勉強を始めようか?」
「はい。」と二つ返事。
「高校に入ると、どんどん振り分けられるからね。うかうかしていられないよね。」

中学生は、
二月いっぱいでこの塾を卒業する子と
高校まで続ける子がいますが、
高校3年生は間違いなく卒業していきます。

今年も何人もの子供を送り出しました。
感慨無量です。
by school-t | 2007-02-17 21:34 | 生徒たち(英語)